Director Interview

良いコミュニケーションが、良い仕事を生み出す。

持ち前の「コミュ力」により経験値をどんどん溜めている、いまむ流ディレクション術。

ニックネーム
いまむ
所属・職種
ソリューション事業部・ディレクター
社歴
2014年入社
入社のきっかけ
おしゃれで風通しのいい職場にあこがれて
趣味
深海魚の世界研究

普段はどんな業務をしていますか?

いまむ

ソリューション事業部でディレクターをしているのですが、主にお客さまが持つWebサイトの運用業務を担当しています。具体的に言うと、お客さまからの依頼に基づいてページの更新をしたり、課題に対して提案をしたり、といった内容です。

改修が必要だったり新たなページを作るときなどは、構成案などを制作しつつ、お客さまと要件定義を行っていきます。そこで大筋が決まったら、社内のデザイナー・コーダー・システムといった制作メンバーに指示をして、ご予算とスケジュールどおりに作業ができているか進行管理をするといった役目を担っていま す。

ディレクターをしていて、大切にしていることは何ですか?

いまむ

コミュニケーションです。これまでは仕事慣れしていなかったこともあり、すごく受け身な部分があったんです。お客さんの話に対して全て「YES」で済ましていたり……。

でも、それだとディレクターではなくただの伝言係でしかありませんよね。より良いものを作るために、時には「NO」と答えて意見を交わし合うことも必要なんだってある時に気づきました。

実際、そうやって制作したものを納品したら、お客さまにとても喜んでもらえたんです。ディレクターとしてプロジェクトの歯車になれている実感と、やりがいが得られた瞬間でもありました。

こうして「NO」と言えるようになったのも、普段からお客さまとの会話の蓄積があったからこそ。なので、「今後もコミュニケーションを大切にしていこう」と改めて思っているところです。

ソニックムーブに入社して感じたことは何かありますか?

いまむ

みんな仲が良いと思いましたね。入社前は「IT系って、人間関係がギスギスしているのかな……」という印象を抱いていましたが、風通しのいい環境だったのですぐに馴染めました。

例えば、社内には「フットサル」や「サバゲー」といった社員から自発的に生まれたサークルがいくつかあって、私自身も積極的に参加しているのですが、みんな本当に仲良く活動しています。よく飲みにもいきますし。それで、いざ仕事になるとプロフェッショナルな側面を出しつつも、意思疎通がしやすかったり、一丸になれたりしているので、仲の良さがうまく仕事に活かされる職場だなぁと関心しています

ソニックムーブのディレクターは、どんな人が向いていると思いますか?

いまむ

やはりコミュニケーションを大切にしている方が良いでしょうね。円滑なコミュニケーションを図ることによって、無駄なやりとりが無くなり工数も減らせますから。ディレクターとして大切な視点だと思っています。

その結果、みんなで仕事を楽しみ、素晴らしい成果を残せたら最高ですよね。ソニックムーブ全体を見渡しても、同じように考えているメンバーが多いんじゃないかと感じています。

Director's Mission

ソニックのディレクターは職域の幅が広い

当社のディレクターは市場分析や競合調査、企画提案からアートディレクション、プロモーション・効果測定とマネタイズ最適化等、幅広い業務を担当していただきます。

「ハイブリッドなディレクターへの進化」
受託開発と自社メディアの開発運用から得られるノウハウには異なるものがあります。
お客様の心を鷲掴みにする提案力、常に数字を見ながら最適化を図る調整力、この異なる性質を融合しハイブリッドなディレクターに進化をしていく事が我々のビジョンです。

「なぜ進化できるのか?」
弊社ではディレクター同士のグループセッションや発表会を毎月行っております。互いのノウハウを共有する事で他社とは違う色のソニックらしいディレクターが育つと考えています。

mautic is open source marketing automation